第2回 地域連携推進講習会


[日病薬病院薬学認定薬剤師制度 Ⅲ-2 (連携)2単位(申請予定)]
又は[日本薬剤師研修センター単位:2単位(申請予定)]

日 時:平成31年2月16日(土)午後2時~5時(3時間)
場 所:TKP心斎橋駅前カンファレンスセンター ホール11A
住 所:大阪府大阪市中央区南船場3-11-18
最寄駅:大阪メトロ御堂筋線および大阪市営長堀鶴見緑地線 心斎橋駅 1番出口 徒歩1分
参加費:OHP会員500円 OHP非会員1,000円

〔講習会の内容〕
1.演 題 :退院指導での情報共有化における当院での地域連携活動の現状と課題(仮)(30分)
  講 師 :育和会記念病院 薬剤師 川村大輔 先生
2.演 題 :社会的因子の情報収集方法の必要性と情報を活かしたお薬管理・指導への薬剤師に期待すること(仮)(30分)
  講 師 :西淀病院 医療ソーシャルワーカー 井口幸子 先生
3.演 題 :病院連携での情報の活用内容、在宅訪問薬剤師活動での服薬指導や残薬確認ポリファーマシー取り組みなど地域連携の現状と課題(仮)(30分)
  講 師 :一般社団法人 大阪府薬剤師会 理事(みどり薬局)篠原裕子 先生
4.パネルディスカッション:退院共同指導、退院後薬物治療の地域多施設連携の現状・課題と将来の期待(90分)
(一社)大阪府病院薬剤師会主催,(一社)大阪府薬剤師会共催の講習会です。
退院指導での情報共有化を地域連携での活用・活動の現状と課題を患者情報として生活環境・社会的因子などや患者問診及び持参薬から見える残薬情報やポリファーマシーへの繋げる取り組みなどを座学形式で各先生方に講演頂き、その後パネルディスカッションにて、参加者を巻き込んだ討論を考えています。 
照会先:関西電力病院 薬剤部 濱口良彦まで
     TEL06-6458-5821 Email;hamaguchi.yoshihiko@b4.kepco.co.jp

今日 - 昨日

アーカイブ