第7回 OHP実務セミナー


[日病薬病院薬学認定薬剤師制度:Ⅲ-1(4単位)]

日 時:平成29年8月27日(日)9:30~16:50
場 所:TKP心斎橋駅前カンファレンスセンター ホール3A
     大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル 3階
参加費:会員2,000円 非会員4,000円(当日会場にて徴収)
参加申込:ホームページから 期間:2017/7/29(土)~2017/8/9(水)

主題:薬剤管理指導記録 実践セミナー4
-薬剤管理指導の量的拡大と質的向上を考えた指導記録の記載-

プログラム:
◆受付(9:10~)
◆午前の部(9:30~11:40)
演題1:「薬(やく)立つPOSと指導記録の基礎」(65分)
講 師:淀川キリスト教病院 薬剤部 寺沢 匡史 先生

症例検討1:指導記録を書いてみよう!~NSAIDs潰瘍の症例より~(60分)
演 者:淀川キリスト教病院 薬剤部 田中 佐季 先生
淀川キリスト教病院 薬剤部 寺沢 匡史 先生

◆午後の部(12:40~16:00)
症例検討と記録の実例 患者介入のタイミングとその指導記録
進 行:淀川キリスト教病院 薬剤部 寺沢 匡史 先生

症例検討2: 一緒に考えよう!ステロイド治療のチェックポイントと記録の書き方(65分)
演 者:枚方公済病院 薬剤科 菊田 裕規 先生
東住吉森本病院 薬剤科 芳竹 美帆 先生

症例検討3:オピオイド使用患者への臨床介入とその指導記録(65分)
演 者:東住吉森本病院 薬剤科 芳竹 美帆 先生
東住吉森本病院 薬剤科 佐古 守人 先生
枚方公済病院 薬剤科 菊田 裕規 先生

症例検討4:明日から実践できる末梢輸液への介入のタイミングとその指導記録(65分)
演 者:東住吉森本病院 薬剤)科 佐古 守人 先生
淀川キリスト教病院 薬剤部 田中 佐季 先生
   
◆総合討論
薬剤管理指導の量的拡大と質的向上を考えた指導記録の記載(16:10~16:50)(40分)

◇薬剤管理指導記録の記載でみなさん悩んでいませんか?他の人はどのような記録を書いているのだろうかと思ったことはありませんか?過去3回、好評をいただいている薬剤管理指導記録実践セミナーの続編です。指導記録の基礎を学び、明日からの指導記録の記載に活かせる内容にしたいと思います。今回はハイリスク薬への関わりや患者介入のタイミングについて講義と症例検討を交えながら病棟に行きかけたばかりの若手薬剤師と中堅薬剤師の記録の紹介や先輩薬剤師から若手薬剤師に対するアドバイスを紹介していただきます。症例検討では実症例を元に作成し、病棟薬剤師の関わりを紹介するため、病棟活動の参考にもなると思います。参加者の質問や疑問にも講師の先生方と答えながら進行していきたいと思います。
グループワークなどはありませんので、お気軽にお誘いあわせの上ご参加下さい!

◇ご注意 昼食は各自でご準備ください。


今日 - 昨日

アーカイブ