どうして薬の飲み方・量を守ることが大切なの?


薬は人間の身体に何らかの作用を与えるものです。

私たちはその薬の作用を利用して、病気の治療や予防に役立たせているのです。

でも治療の効果を発揮する作用が働く一方でそれ以外の期待されない作用が働くこともあります。

 適切な量を服用しなければ、当然ながら薬は身体に必要とされる作用を発揮できませんし、
また、適切な量以上に用いた場合は、時に蓄積され身体に好ましくない作用(副作用)が出たりすることがあります。

薬は、患者さんのその時の症状に応じた量を医師は処方しています。

たくさんのめば早く治るわけではありません。

また、薬をのむ間隔があきすぎると効果が薄れ、間隔を縮めると身体に好ましくない作用がでる危険性が高くなります。


FBbn O.H.P. トップページへ

おくすりQ&Aもくじ


今日 - 昨日