漢方薬は副作用の心配がないって本当?


漢方薬は副作用の心配がないので自分の判断でのんでも大丈夫。と思っていませんか?

漢方薬といっても、副作用や相互作用(薬ののみあわせ)は起こります。

漢方薬は体質や症状(証といいます)によって使い分けます。

証が合っていないと、効果がないだけでなく、思わぬ副作用が起こる場合もあります。

また、相互作用(薬ののみあわせ)についても同じで、のみあわせによっては重い症状を引き起こすこともあります。

漢方薬についても医師や薬剤師から十分説明を受けてのみましょう。

また、薬局・薬店で漢方薬を買う場合もしっかり説明を受け、正しく薬をのみましょう。

漢方薬の副作用の例

小柴胡湯で非常にまれですが間質性肺炎(咳・呼吸困難・呼吸が荒いなどの症状)という重い副作用をひきおこすこともあります。


FBbn O.H.P. トップページへ

おくすりQ&Aもくじ


今日 - 昨日